牛肉は必須アミノ酸が豊富に含まれた良質なタンパク源であり、鉄分やビタミンなどの栄養素も豊富です。健康的な食生活のために、お肉と野菜を購入して、まずは簡単なものから自炊に挑戦してみましょう!大きな牛肉の塊を贅沢に使った料理、ローストビーフ。伝統的なイギリス料理のひとつで、日本でも名の知れた料理ですよね。見た目にも豪華で、大きな牛肉の塊を使うことから一見難しそうな料理に思えますが、意外にも簡単に調理が出来てしまうんです。今回は、とってもオーソドックスで簡単なローストビーフの作り方をご紹介します。
使用する牛肉は、サーロインやリブロース、もも肉などのブロックがおすすめです。赤身が多めで比較的お値段の安い牛肉でも、とっても美味しく仕上がりますよ!特別な材料はとくに必要なく、牛肉・塩・ブラックペッパーに加え、あとは赤でも白でもどちらでも構わないのでワインを用意しておけばオッケーです。調理に取りかかる前の下準備として、前日にはお肉を室温に戻しておきましょう。さて、いよいよローストビーフを作ります。韓国語でヤンニョムと呼ばれる漬けダレに、牛ロースやヒレなど赤身の薄切り肉を漬け込んでから、野菜や春雨などと一緒に焼けば、すぐに出来上がります。そのまま食べても、またはサンチュ(レタス)などに包んで食べても美味しくいただけます。漬けダレは、醤油・砂糖・蜂蜜・ごま油などの調味料と、おろしニンニクやショウガをよく混ぜ合わせて作ります。みりんや料理酒を少し足すと、さらにまろやかな味に仕上がります。

 

私の乗っている車が10年落ちで20万キロも走っているんです。もう車の乗り換えだなって思ったところで、友人からgのことを伺いました。20万kも走っているけど高くうっる化もしれないって話です。ダメ元で魅せに来ました。